忍者ブログ
日記と小説の合わせ技、ツンデレはあまり関係ない。 あと当ブログの作品の無断使用はお止めください
Admin / Write / Res
<< 07   2017/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[123]  [122]  [121]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仮面ライダーWって探偵なんだってね・・・・いいなぁ、ああゆう探偵いいなぁ・・・・

まぁでも話的にはそれほどでもなかった、なによりWが思ったよりも恰好悪いというかなんというか

足がダルシムみたいになったりキックで体真っ二つになったり・・・

なによりヒロインがあれでは・・・(;´Д`)



ま、それはいいとして げんじつ!は9割ティッシュ配りな夕雅です・・・・頑張るけどさ




こんなときこそ妄想だよ!妄想!



探偵っつたらあれですよ、ソファで寝てるわけですよ!イメージ的にそして貧乏


私も一人暮らしをしていた際はベットがあるのにソファで寝てましたからね!


そして助手はメイド服なんですよ、何故かってそりゃ潜入調査とかあるじゃないですかそのためですよ

無論他の恰好もします、ナースとか占い師とか・・・・でも基本はメイド服


・・・いやこれは私がメイド好きだからってそうゆうわけじゃない、わけじゃないぞ!


で、助手が言うわけですよぐーぐー寝てる主人に


「もう今月の家賃どうするんですかぁ!それと私のお給料まだですかぁ!」



てな、もうこれは「クイズ100人に聞きました」でいえば


あるあるあるあるあるあるある・・・・ピンポンピンポン!!


レベルですよ

でも探偵さんは寝たふりですよ、テンガロンハットを頭にぽんと置いて

助手はそれにあきれて

「もーいいですっ!今日限りでやめますっ!!」


って出て行こうとするわけ、事務所の扉を開こうとしたら逆から勢いよく扉が開いて助手が頭ぶつけるの


「あの・・・えっとすいません><。」


扉の向こう側に居たのはなにかセーラーサターンみたいな髪型した華奢な感じの女の子がいたんですねぇ

その手には似つかわしくないほど大きなトランクケースがッ!!

で、ここではじめて頭に乗ったテンガロンハットをちょこっとずらして探偵さんの目が見える


・・・・・が、以外にも探偵さんまた帽子を戻して寝始める


変わりに助手がおでこさすり・・・痛そうにしかしなにか嬉しそうに話しかけるわけです


「もしかしてお客さんですかぁ!?」

「は、はい!有名な探偵さんと聞いて・・・あの助けてくださいっ!」


依頼が入る→お給料が出る→(゚Д゚ )ウマーな助手はもろ手を挙げて大喜びですよ、けどここで探偵さんが一言


「ここは駆け込み寺じゃねぇんだ、ペット探しなら他所へいきな」



なんてことを言うわけ、そしたらまた助手と言い争いの始まりですよ

「せっかく久々にきた依頼なのに何言ってるんですかっ!!」

「こんなガキが金持ってるわけないだろ、もってたとしても松屋の牛カルビ定食ダブル(980円)食えるか食えないか程度だろ」



そんな中いつ切り出そうかと依頼者の女の子は軽く深呼吸した後


「お、お金ならあります!・・・・・・と、とりあえず500万」

平成21年の500万は現在の貨幣価値でいうとやっぱり500万、ちなみにドラクエ7の私の貯金は24万・・破格である


女の子の言葉に探偵さんと助手が振り返る、そこに自身がないのか更に倍プッシュな感じで女の子が


「500万は依頼料・・・・成功報酬でもう500万出します、だからお父さんを助けて><。」

1000万という依頼料に何故か家賃何年分払えるだろうと計算しだす助手とようやくエンジンがかかりはじめる探偵・・・・『オレはスロースターターなんだよぉっ!!』って奴ですね


んでようやくテーブルを挟んで依頼を聞くわけですよ、合間に「お茶入れてきます!!」と張り切った
メイドさんがすぐに戻ってきて


「すいません、水止められてました^-^;」

とかいう展開と変わりに買ってきた缶コーヒーを飲んで依頼者の女の子が

「私缶コーヒーってはじめて飲みました、美味しいですね」

「おいおい、どんだけお嬢様なんだよ」


なそんな話を交えつつようは依頼なんてのは

『父親が再婚してから急に体が日に日に悪くなっている、再婚した女性を調べて欲しい』


てな感じの、なんで警察行かないの?的質問に我々は一切答えない

この質問に答えること、それ自体は容易い…簡単だ

しかし今、私がそんな話を仮にしたとしても…その真偽はどうする……?


・・・・まぁあれよ、その女が警察上層部の娘的なことにすればいいんじゃない?

うん、それがいい!!



で・・・まぁその後孤島にある女の子に屋敷に向うわけです、こんな感じに↓


jojo.JPG



















   (孤島に向う探偵さん達)




けど、そこでなんかいつも絡んでくる警察の人の話や報酬として亡き母親の形見を差し出そうとする

依頼者の女の子と諭す探偵さんの話とかがあったりなかったりで・・・・・・・







( ´O)η ふぁぁぁぁぁ~~~~~っ!!(現在午前4時半)




「さあ、今夜の話はここまでじゃ」

「もっと聞きたいよう。木の実をあげるから話しておくれよう」

「あした、あした! さあ寝た寝た!」


やっぱり語り部は世界最古のお仕事ですね^-^

このネタがわかるなら中級者・・・何巻までわかるならそれは危険な人ッ!?




どっちにしたって最後に屋敷は燃えるのさ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
氷桜夕雅
性別:
非公開
職業:
昔は探偵やってました
趣味:
メイド考察
自己紹介:
ひおうゆうが と読むらしい

本名が妙に字画が悪いので字画の良い名前にしようとおもった結果がこのちょっと痛い名前だよ!!

名古屋市在住、どこにでもいるメイドスキー♪
ツクール更新メモ♪
http://xfs.jp/AStCz バージョン0.06
パスワードは[]
メイドさん
ブログパーツを無料で配布!スプレーアートに挑戦しよう
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[04/02 ひおうゆうが]
[04/01 ひおうゆうが]
[04/01 水曜日]
[04/01 水曜日]
[04/01 水曜日]
ブログ内検索
Copyright ©  べ、べつに好きで書いてるわけじゃないんだからね!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]