忍者ブログ
日記と小説の合わせ技、ツンデレはあまり関係ない。 あと当ブログの作品の無断使用はお止めください
Admin / Write / Res
<< 05   2017/06   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     07 >>
[206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「よし、これでいい・・・頼んだぞ恭治」
「はい!!」
天城さんは物の数分で店の権利書とやらを書き上げA4の茶封筒に入れるとそれをオレに手渡す
「それじゃ、行ってきます」
「おう、ただ気をつけろよ恭治。すんなり『カンツォーナ』に行けるとは限らねぇ」
「妨害されるってことですか?」
封筒を受け取り恐る恐る尋ねる。天城さんはオレの言葉に頷き答える。
「そいつはわからん、が用心するに越したことはないだろう・・・やたらと外に奴の仲間が控えているみたいだしな」
天城さんは灰皿にタバコの灰を落とすと外を睨みつける。
確かに隠す気がないというか威圧のつもりなんだろうか雛形の手下が居座っているのが店の窓からでも伺える
「なんにせよ用心はして行け」
「わかりました、では行ってきます」
オレは一礼すると日も暮れた桜花町へと駆け出した

「くそっ・・・思ったより数が多いな」
大通りを駆け抜けながら思わず吐き捨てる。普段ならこの時間帯は帰り際のサラリーマンくらいしかいないのだが今日はやたらと治安が悪いようだ、雛形の手下ども・・・どこからどうみても不良って姿していてわかりやすすぎるぜ
だが恐れるな恭治、奴等はあくまでもオレと天城さんの動きを抑止するために偵察に来ているに過ぎないんだ
そう自分に言い聞かせる、でないと正直怖かった。
「ふぅ、行くぞ。」
深く息を吐いて裏通りへと足を進める。街灯がある大通りに比べて裏通りを照らすのは月明かりのみ、しかもそこに雛形の手下どもがわんさかいやがる状況に震えは止まらない
いかんいかん、さっきから自分を気負いさせるような事ばかり考えてしまう
「・・・・・・。」
「あいつが雛形さんが言ってた奴か・・・」
雛形の手下共が遠巻きになにかを言っている中、オレはただ歩を進める。
四葉に連れられてきたときには大した距離じゃなかった『カンツォーナ』への道がともの凄く遠くに感じる。
「つ、ついた・・・『カンツォーナ』に!」
怪しさ満点の雑居ビルの前についたときには何故か逆に安堵感の息が漏れた。
ただ無事に『カンツォーナ』に辿りついたってだけなのにな
「・・・・・・来たな」
「うっ、石渡!」
ビルに入ってすぐ目の前に立ちはだかったのは天井まで背が届きそうな大柄の男、石渡。
その馬鹿でかい図体はそこに立っているだけで威圧感がある。
「な、なんだよ・・・オレを妨害するつもりか!?」
「・・・・・・違う」
拳を固めて構えるオレに石渡はその見えているか見えていないかわからないくらいの細い目でオレをじっと睨みつけるとすぐにエレベーターを指差す。
「・・・・・・雛形さんは地下、お前はそこへ行け」
「地下だって?」
「『カンツォーナ』はまだ営業中。地下は『カンツォーナ』の倉庫、エレベーターを降りてずっと真っ直ぐ進んだところに雛形さんはいる」
雛形はそれだけ言うとオレとすれ違い外へと出て行った。
「案外いい奴なのか?いや、それは違うか」
エレベーターのボタンを押して乗り込み思う。本当にいい奴ならこんな状況を見過ごすなんてできやしないはずだ、所詮はあの雛形の仲間だ。
エレベーターは程なくして地下に止まる、倉庫というだけあって至るところに剥き出しの配管が並んでいる。
「確か真っ直ぐに進んだ先、だったな」
倉庫は思っていたよりも広く、目視では奥のほうは真っ暗でよく見えない。
そして地下っていうだけでなんか息苦しくなる雰囲気だ。
「あった・・・!」
しばらく歩いた先に明かりのついた灰色のプレハブ小屋が見えてきた。石渡の言うことが正しければここに雛形の奴がいる!
ドアノブを掴む手がじっとりと汗で湿っているのを感じる。
恐れるな覚悟を決めろ神楽坂恭治!!震えるのは武者震いだ、自分に言い聞かせオレは勢いよく扉を開けた。
「ようやく来たか、ええっと誰だったっけなぁ雑魚の名前なんて覚えてないんだが」
「硬派、神楽坂恭治だ!覚えておけ!」
真っ赤なソファで煙草を吹かすモヒカンの男、雛形を前にして思いっきり啖呵を切る。
部屋の中には雛形とその手下だろうヤンキーが二人、そして・・・
「神楽坂さん!」
雛形の座るソファの後ろ、麻縄で体を椅子に縛られれた音瀬五葉がいた。その顔には薄っすらと涙ぐんでいるのが見える。その表情を見てオレの感情は一気に怒りへとシフトする。
「五葉に何をした!」
「煩いねぇ、なぁんにもやっちゃいないさ。そんなことより持ってきたんだろうな『リチェルカーレ』の権利書をよ」
「・・・『リチェルカーレ』の権利書?どうゆうことなんですか!」
状況がわかっていない五葉に雛形はさも語るのが楽しいように不敵な笑みで言い放つ
「クククッ、お前は取引の材料に使われているんだよ。お前の身柄と引き換えに『リチェルカーレ』は俺様、雛形康弘が頂くってわけ。これからは天城仁じゃなくて俺様がお前の御主人様だ、ありがたく奉仕しろよ」
「そんな!私なんかのために、本当なんですか神楽坂さん!」
オレは悲痛に叫ぶ五葉の言葉に答えることなく茶封筒を持ち上げた。
「あんたのお望みのものはここにある。すぐに五葉を開放しろ!」
「おいおい、随分と態度がでかいじゃないか。状況わかってるのか?てめぇが先に権利書を渡すのが先に決まってるだろうが!」
オレと雛形は睨みあう。ドラマやアニメなんかで良くある展開だよな、まさかオレ自身人生でこんなことをする機会があるとは思ってもみなかったが
「悪い、確かに状況わかってなかったみたいだなオレは・・・」
本来ならここでやれ権利書が先だ、五葉が先だと揉める所なんだろうがオレはすんなりと雛形に権利書を差し出した。あまりの行動に一瞬雛形も驚きの表情を見せたが直ぐにオレから権利書を奪い取ると吐き捨てるよう言う
「はっ、わかりゃいいんだよ雑魚が一丁前に交渉の真似事なんてしてるんじゃねぇよ」 
「さぁ権利書は渡したんだ、五葉を解放してくれ」
オレはそれだけ言うと雛形の言葉を待つ。雛形の奥に見える五葉が物凄く心配そうな表情でオレを見ている。だが安心しろ五葉、すぐに助け出してやるからな。
「五葉を解放?ああ、そんなこと言ってたなぁ」
権利書を手にとぼける雛形。だがオレは動じない、そんな言葉では動じない
いやむしろ・・・この展開は想定しいた!
「そんな口約束この俺様が守るとでも───」
「鼻から思っちゃいねぇよ!」
雛形が言葉を言い切るよりも前にオレは叫ぶと思いっきり後ろ振り返る。五葉には見えたはずだ一瞬オレがほくそ笑んだのを
オレは部屋の中にいた雛形の手下の一人、茶髪ロンゲの男に狙いを定めがぶり寄り握りこぶしを振り上げる。
「まずはお前だ!!」
「なっ・・・がはっ!」
まさか自分が狙われると思っていなかったんだろう、茶髪にロンゲの男はオレの虚を突いた攻撃を受けあっさりとその場に倒れる。
「てめぇ、なにしやがる!」
「その次はお前だ!」
もう一人の手下、金髪の男が突っ込んでくるがすぐさま体を逸らしカウンター気味に思いっきり裏拳を叩き込んだ。
「ぐぁっ、はっ」
嗚咽を漏らし倒れこむ金髪の男に目をやることなくオレはただ正面に立つ雛形に狙いを定める。
「雛形康弘、お前には『リチェルカーレ』も五葉も渡さない!!」
罠があること、すんなり雛形の奴が五葉を返す気がないことなんて最初からわかっていた、オレの作戦は奴等が勝利を確信して嘲笑うその虚をついて攻撃するということだった
『動じるってことは隙を見せるってことだ・・・戦場じゃその一瞬の隙で死ぬぜ?』
これはそう天城さんがオレに言っていたことだ。
そして雛形は手下をこの部屋に二人しか置いていなかったこと、これが運が良かった。虚を突いて一人は倒せるとしてもその次の相手はほぼ素の状態だ、勝てるかどうかは正直わからない。ここにいたのがあの馬鹿でかい図体の石渡だったりしたらまず勝てなかっただろう。
「覚悟しろ雛形!!」
雛形との距離を一気に詰め顔面目掛け拳を打ち込む───これでオレの勝ちだ
「勝てるとでも思ったのか?クククッ、おめでたい奴だな!」
だが現実はそんなに甘くはなかった。オレが全力で打ち込んだ拳を雛形はあっさりとさながらキャッチボールのように簡単に受け止められた。
「なっ・・・に!?」
「神楽坂さん!危ない!!」
そして五葉の言葉に咄嗟に振り返ろうとした瞬間───
「こいつはお返しだっ!!」
「がはぁっ・・・」
背中に激痛が走り、息が漏れる。ゴッソリと体力を奪われる感覚とともにオレはその場に崩れるように倒れこんだ。
「ったく、いきなりこっちに向ってくるから驚いたけどよ・・・こいつのパンチ大したことないっスよ」
ぐらつく意識の中、オレの視界に映ったのはさっき倒したはずの鉄パイプを手に持った茶髪ロンゲの男
「まぁー俺達に手をあげたんだ、これからゆっくりと痛めつけてやる・・・ぜっ!!」
「ぐぁっ!」
金髪の男の蹴りが思いっきり腹に突き刺さる、思わず胃の中の物をぶちまけそうになる。
「なめるんじゃねぇぞこの雑魚が!!これでも俺は桜花高校で番町張ってたこともあるんだからな、天城仁ならいざ知らずお前のような雑魚が勝てる相手じゃねぇんだよ!!」
哄笑する雛形の声がする。
それから先は自分でもよくわからなかった、どこを殴られたとかどこを蹴られたとか認識する意識すら無くなりそうなくらいの暴行が続いたのだけはわかる。
「やめて!やめてください!!」
そして落ちそうになる意識を五葉の悲痛な叫びだけが辛うじてそれを繋ぎとめていた。
「バーカ、誰が止めるかよ。」

───人間サンドバックとかまじ面白いこと考えるよな

「でもあんまりやると死んじまうぜ」

───大丈夫、あいつの親父は警察の上層部だからよ死んでももみ消してくれるって

雛形の手下達の声がする、それとともにオレの頭の中でなにかの記憶がフラッシュバックする。
「しかし流石に飽きてきたな雛形さん、そろそろあっちの女で遊ばないっスか?」
「ああ、そうだな・・・だが一応許可を取らないとなぁ」
朦朧とする意識に声だけが聞こえる。誰が言った言葉か、今雛形達が言った言葉か、それともあいつらか、全くわからない。
「なぁ雑魚、いや神楽坂恭治だったか?お前の口から許可の言葉を聞かせてくれよ『この女を好きにしていいんで僕を助けてください』ってよぉ、そうしたらお前だけは助けてやるよ」
髪ごと頭を掴み上げられる。目の前の雛形が何を言ったかはわからなかった、だがそれは確かに奴の言葉はオレの頭の中の奥底にしまっておいた記憶を呼び覚ました

───さぁ言えよ、「僕は負け犬ですゆるしてください助けてください」ってな!!

「誰が・・・言うかよ、オレはお前らには屈し・・・ない。さっきも言ったはずだ、『リチェルカーレ』も五葉も・・・お前・・・なんかには渡さないッ!」
失いかけた意識が覚醒する、そして掠れた声でオレは叫び睨みつけた。
あの時のように屈しない、それはオレの最後の意地だった。
「はっ?今のお前に何ができるんだよ雑魚が!」
わかってる、これ以上なにもできやしないのはオレ自身充分わかっていた。
雛形が拳を振り上げるのが見える、ああ間違いなくこの一撃でオレの意識は落ちるな
すいません天城さん、そしてゴメン五葉・・・
「こいつで終わりだっ!!」
オレは目を閉じ、雛形の拳が思いっきり振り下ろされた。



次回予告!!

テーレッテー!!

五葉「『カンツォーナ』の店長、雛形の前に敗れ去る神楽坂さん。これからどうなっちゃうんでしょう・・・なんかもう私泣きそうです、本編じゃもう泣いちゃってますけど。次回、メイド服とおまじない15 抗争編その8『炸裂天神拳!貴様には地獄すら生ぬるい』・・・ってパクリだしこれほとんどネタバレしちゃってるじゃないですかぁ。ま、まぁいいや次回もクオーキ クオーキ キワラケチ!」


そんなわけで抗争編その8でした、ああ・・・多分あと2回くらいで抗争編終わらします、終わらしたい

なんていうか修羅場じゃね?メイド服とおまじないってタイトルの癖にこの展開ありえなくね?

けど(・ε・)キニシナイ!!  

当初は恭ちゃんはここで一方的にフルボッコだったんだけどそれじゃ可哀想だからちょっとだけ格好良い所見せておいた

けどまぁ「相手が勝ち誇ったとき、既にそいつは敗北している」なんですけどね!!

久しぶりに五葉でましたねぇ、つってもあんまり喋ってないですけどもっぱら最近妙に五葉が恭治を呼ぶときの
「神楽坂さん!」ってのがツボ、苗字で呼んでるだけなのになんかいい感じ
ついでに天城さんの「恭治!」ってのもそれはそれで好きだったり

あと今回は後半結構ノリノリでした、三章黎明編の伏線的なものも張ったりして一気に書いちゃった感じ
文章おかしいところは沢山あるでしょう・・・
三章ではまさかのあいつが登場しますしそこそこ話もまとまりかけてます
あーでも二章と三章の間にデトノベのような短い話が入ります、恰好良くいうと閑話休題?
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
無題
でえええええええええ
最高に盛り上がった所で終わっちゃった!
そりゃないよ姉さ~ん(カツオの声で)
桜井 2010/04/10(Sat)21:49:09 編集
無題
ええ、そうなんです。
いいところを終わらすことで次回が気になるってパターン


いやまぁ次回予告の通りなんだけどね!!
ひおうゆうが 2010/04/10(Sat)22:01:29 編集
プロフィール
HN:
氷桜夕雅
性別:
非公開
職業:
昔は探偵やってました
趣味:
メイド考察
自己紹介:
ひおうゆうが と読むらしい

本名が妙に字画が悪いので字画の良い名前にしようとおもった結果がこのちょっと痛い名前だよ!!

名古屋市在住、どこにでもいるメイドスキー♪
ツクール更新メモ♪
http://xfs.jp/AStCz バージョン0.06
パスワードは[]
メイドさん
ブログパーツを無料で配布!スプレーアートに挑戦しよう
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/02 ひおうゆうが]
[04/01 ひおうゆうが]
[04/01 水曜日]
[04/01 水曜日]
[04/01 水曜日]
ブログ内検索
Copyright ©  べ、べつに好きで書いてるわけじゃないんだからね!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]