忍者ブログ
日記と小説の合わせ技、ツンデレはあまり関係ない。 あと当ブログの作品の無断使用はお止めください
Admin / Write / Res
<< 05   2017/06   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     07 >>
[252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悪魔の契約


今日、僕は悪魔と契約した。
インターネットショッピングで5000円、結構安かった。というか悪魔もこの不況のご時勢だと命だとか魂だとかじゃなくて現金で契約できるらしい、なんか変な感じだ
『お急ぎ便を選んでいただくと+315円で本日のお届けになります!!』
そんな謳い文句を軽くスルーして僕はマウスを操作し注文を確定した
通常配送?配送なのかはしらないがとりあえず普通に注文したので3日後に悪魔は来るらしい

「三日後か、ちょうどいい・・・復讐は寝かせれば寝かせるほど強い力を発揮するんだからな」
意味不明な独り言とともに僕はPCのモニターだけ切るとベットに横になった


三日後、契約した悪魔とやらは別段部屋の窓をぶちやぶってとかそうゆうんじゃなくて普通にインターホンを押してやってきた
「あ、どうもっス。一応契約した悪魔っス」
その一言と金髪、耳にはピアス、チャラチャラしたその格好・・・一目で見て嫌悪感を感じた
「あ、もしかしてゴスロリチックな美少女悪魔とか期待してたっスか?それでいて契約と称して肉体関係を持つとかそんなの想像してた?」
「し、してないわ!!」
「そうなんすか?俺は契約した相手が男だからちょっとショックッス、俺ノーマルなんで男に興味ないし」
そう言いながら見るからに落ち込んでるといわんばかりにがくんと悪魔は頭をたれる
ショックなのはこっちだってのに、いやなんでもない
「ぼ、僕は復讐を頼みたいだけだ、そうゆうゴスロリとかには興味ない!」
「復讐・・・おーそりゃ面白そうっスね、それじゃ中で話し聞かせてもらうっス」
僕の言葉にバッと顔を上げると嬉しそうにズカズカと僕の部屋にあがっていく
「・・・・・・大丈夫なのかよ、本当に」
その後ろ姿を見ながら僕は正直買い物失敗したんじゃないかと思っていた

あんなチャラい男に僕の復讐が理解できるのか?
「あの女、僕に気がある振りをして近づいてきて結局のところ自分のところの商品を売り込みたいだけだったんだ!結局商品を買ったらそれっきり全く連絡もしてこないし、騙されたんだよ僕は!」
「へぇーそれで復讐ってわけですか」
息巻く僕の言葉にチャライ悪魔は麦茶を一気に飲み干すと下品なゲップをして一言
「いやでも俺前科とかつくの嫌なんで復讐とか犯罪行為は無理っス」
よもや悪魔とは思えないことを言い出しやがった
「ふざけるなよ、お前悪魔だろ」
「そう言われても先輩達が結構昔に色々やらかしたっスからね、今じゃ規制が厳しいんっスよ。復讐とかそうゆうのやったら仕事できなくなるんで」
「クソッ!なにが規制だよ・・・、大体ネットショッピングじゃなんでもやりますって書いてあったぞ!」
僕は声を荒げるが悪魔は全くもって平然とした様子で
「いやそりゃ風俗でなんでもしますって言われてなんでもやっちゃたら裏から黒服でてきちゃうっしょ、それと同じっス。そもそも規約にはちゃんと書いてあったっスよ」
「む・・・そうなのか」
思わず押し黙る。注文したときにはイラついて自棄酒してたのもあってそんなところ見ちゃいない
規約を見てないのは悪かったがでもなんかこのチャライ悪魔に言われると無性に腹が立つ
「じゃあお前なんだったらできるんだよ!こっちは5000円も払ってるんだぞ!」
「んーそうっスねー」
悪魔は脳みそあるのかないのかわからない頭をぐわんぐわんと左右に揺らす。
そしてしばらくしてなにかをひらめいたのかポンと手を叩いた
「それじゃ特別サービスで可愛い美少女紹介するっスよ、そんな女の子こと忘れちゃうくらい可愛い子なんでまかしといて欲しいっス」
「いや可愛い子を紹介してくれるのはいいんだが、僕は復讐を・・・・」
「まぁまぁ知り合いなんで好きにしてもらっていいっスから、送信っと」
俺の言葉を無視して悪魔は携帯のボタンをポチっと押すとさらっと一言
「あーそうそう一つ気をつけて欲しいっス、彼女肉食なんで」
「は?肉食・・・?」
「そう肉食っスよ、でも滅茶苦茶可愛いんで安心してくださいっス!!」
グッっ指を立てる悪魔、その顔だけ妙に悪魔らしく僕の目には映った
  

                                    


                                                 つづかない


あまりにも毒が溜まっていたので久しぶりにデトックスしちゃった、てへ☆

でも即興、行きあたりばっかりなんでよくわからない話になってしまったぜ!

でも気にしないぜ!

気にしたら負けだぜ!

弾幕はパワーだぜ!!(でも使うのは巫女

とりあえず後書きはまたちゃんと書きます、多分
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
無題
おお、面白そうかなーと思ったら終わったw
悪魔さん良いんじゃないの
普通の人間のチンピラぽい所とか
桜井 2010/08/03(Tue)19:40:21 編集
セルリアン「・・・悪魔にはなりたくない」
ヤンキーと言うかただのチャラ男っス

でも一応悪魔だからナメた口きいてると肉食の美少女呼んじゃうよ、怖いね((゚Д゚ll))って話しっスね


続きはまぁ気が向いたら書くっス
ゆうが 2010/08/03(Tue)22:37:47 編集
プロフィール
HN:
氷桜夕雅
性別:
非公開
職業:
昔は探偵やってました
趣味:
メイド考察
自己紹介:
ひおうゆうが と読むらしい

本名が妙に字画が悪いので字画の良い名前にしようとおもった結果がこのちょっと痛い名前だよ!!

名古屋市在住、どこにでもいるメイドスキー♪
ツクール更新メモ♪
http://xfs.jp/AStCz バージョン0.06
パスワードは[]
メイドさん
ブログパーツを無料で配布!スプレーアートに挑戦しよう
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/02 ひおうゆうが]
[04/01 ひおうゆうが]
[04/01 水曜日]
[04/01 水曜日]
[04/01 水曜日]
ブログ内検索
Copyright ©  べ、べつに好きで書いてるわけじゃないんだからね!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]