忍者ブログ
日記と小説の合わせ技、ツンデレはあまり関係ない。 あと当ブログの作品の無断使用はお止めください
Admin / Write / Res
<< 08   2017/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

───街から離れた森の中、そこには人間嫌いの魔術師が住んでいる

私は人間が嫌いだ、だから人間から脱却するために研究をし続けている・・・・のだけど


「ねぇねぇセルリアン、もっと私この世界の干し肉を食べてみたい!」
「そう言われてもね・・・あの狼男に頼みなさいよ」
ぶっきらぼうに言い放ち私は試験管にその辺に転がっている物を適当に入れながら本当に適当に答えた
本当適当でいいのは楽なのだけど
私の狭い小屋の中を良くわからない黒い球体に乗りながら豪華そうな真赤なドレス着てキョロキョロと首を振る少女───名前はクトルルと言うらしい───の興味は一瞬一時で移り変わっていく
「この部屋、結構長い時間見ているけどベルクソン達の使っていたような通信機器は全くないのね。地球に来たときにはぐれちゃったけどベルクソン元気かな、ねぇセルリアン?」
「あー元気なんじゃないの?よく言うわ“便りがないのは良い便り”ってね」
クトルルの問いに適当に相槌を打ってるけど彼女の口から出る言葉は一つ一つ問いただしたくなるほど興味深いところが多い
地球に来た?え、どこから?
通信機器?なにそれ遠くの人間と話せるの?
ベルクソン?誰それ、この変な子に仲間みたいなのが居るの?
興味は尽きない、でもそれをなんかがっつり寄って聞くというのもなんか癪に障る
そんなことを考えているうちにクトルルの興味はまた別のところにいってしまう
「セルリアンはそういえばカテゴリー1を捨てたいのよね」
カテゴリー1、ええっと確か“有機生命体”だったか?その話は確かちょっと前に聞いた記憶がある
「人間がそれに属するなら確かにそうだけど、捨てるとか言うその感覚がわからないわよ」
「セルリアンはカテゴリー1しか持ってないみたいだからそうなのよ、だったらこれ!」
クトルルはそう言うと自分が先程まで乗っていたよくわからない黒い球体から降りてそれを私の前に差し出す
「ヴォルシンカー、これを取り込めばカテゴリー3、4、5を手に入れられるわ。地球までこれたならもう私達に追ってはこないと思うし必要ないからセルリアンが貰って」
グィとそのヴォルシンカーとか言う黒い球体を押し付けられるが正直この物質がよくわからないし、貰ったとしてこれを取り込むとかそうゆうのが全くどうしたらいいのやら
でもそのヴォルシンカーとやらには少し興味があるのは間違いない
「本当にコレ、貰ってもいいのね」
「惑星E128にも干し肉はあったけどこんな風に香草を使ったりする高度な調理法はなかったわ、地球と惑星E128は環境が似てるけど文化レベルは地球の方がずっと進んでいるみたい、それを知れたからそのお礼みたいなものよ」
「その言葉はスレートに聞かせてやりたいわね」
あのパサパサで味のきつい干し肉がクトルルはお気に入りらしい、私から見ればスレートが我流でやっている
あんな燻製が“高度な調理法”と称されるんだからあの狼男に聞かせればさぞ嬉しがることだろう
「そうだ、干し肉を作ってくれたスレートにもお礼を言わなくちゃ。ベルクソンにも食べさせてあげたいし!」
そう言ってドレスの裾を掴んで楽しそうに踊るクトルル、なにがどう楽しいのかはよくわからないが
「全くこんな世界で貴女はなにが楽しいんだか・・・」
「そんなの決まってるじゃない」
嘆息する私にクトルルはさも当たり前のようにその言葉を返した
「私はずっと故郷である地球に来たかったの、ただ・・・ただそれだけよ」
 



・・・しかしこの黒い球体、ヴォルシンカーとかいったのどうしたらいいのかしら?


                                               つづかない

なんかよくわからない感じにセルリアンちゃん&クトルルさんのお話を書いてしまったけど





(・ε・)キニシナイ!!





ついでにクトルルちゃんとかなんか記憶だけで書いちゃってるからキャラ崩壊してるよ!!


でも気にするな!!


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
うわあああああああわああわあわわてあああわああわあわわ
けいおん!見てる場合じゃねえ!!
クトルルが出てるなんて!
もっと早く見ときゃ良かったと後悔したよ!ごめんよ!
すげぇ……こいつどうやって地球に来たんだろう

そして人間やめるのにカテゴリー1を捨てるのはやりすぎだw
それはほとんど死ぬのと一緒だよ……
クトルル……大丈夫か?
ベルクソン早く来い……

ボルシンカーを人間に組み込むってどうやってやるんだろう?
腹が餓鬼みたいに丸くなるのも嫌なんで、ボルシンカーをデカくして、内部に人間を入れる方が簡単か。
ガンツみたいになるよ

しかし、最後の一文を見る限り、これがトゥルーエンドか
俺、初めて見たよ……
桜井 2010/09/09(Thu)00:07:22 編集
セルリアン「いや、普通に見てる場合じゃないでしょ・・・」
クトルル「あ、ごめんセルリアン。作者曰くカテゴリー1捨てるのはやりすぎみたい」
セルリアン「なにがどうやりすぎなのかもわからないわ・・・」

なんで地球に来れたか、それは深く考えてはいけません
おそらくハイコテゴリーズ戦まではやってるんだろうねヴォルシンカーいるし、でも地球は地球でもなんか別次元の地球に着いてしまったみたいな



そうかカテゴリー1捨てちゃダメだったかw
まぁそうゆう適当言っちゃうことでクトルルの放っておいたら危ない感じが出てまぁ成功だったわ、ベルクソン早くきてー

ヴォルシンカーを取り込むならやっぱり球体の中に体育座りか
小さくしたヴォルシンカーが胸の真ん中とか腕とかに付く感じ?
氷桜夕雅 2010/09/09(Thu)23:58:41 編集
プロフィール
HN:
氷桜夕雅
性別:
非公開
職業:
昔は探偵やってました
趣味:
メイド考察
自己紹介:
ひおうゆうが と読むらしい

本名が妙に字画が悪いので字画の良い名前にしようとおもった結果がこのちょっと痛い名前だよ!!

名古屋市在住、どこにでもいるメイドスキー♪
ツクール更新メモ♪
http://xfs.jp/AStCz バージョン0.06
パスワードは[]
メイドさん
ブログパーツを無料で配布!スプレーアートに挑戦しよう
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/02 ひおうゆうが]
[04/01 ひおうゆうが]
[04/01 水曜日]
[04/01 水曜日]
[04/01 水曜日]
ブログ内検索
Copyright ©  べ、べつに好きで書いてるわけじゃないんだからね!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]