忍者ブログ
日記と小説の合わせ技、ツンデレはあまり関係ない。 あと当ブログの作品の無断使用はお止めください
Admin / Write / Res
<< 07   2017/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「反世間運動」


僕はこの図書館の管理者としての能力を与えられている、しかしこの天空にある巨大な図書館に“通常”誰かが来ることはない。
別に僕はどうとも思ってはいない
多分図書館と言う名がいけないんだと僕は思う、明確なことを言えばここは『知識の肥溜め』・・・下の人の記憶
を淡々と溜めておく場所、誰かが来るなんてことはないんだから
「そう寂しがっていると思って来てみた!!」
なにもないところから突如として声がした、別にこれはこの辺じゃ良くあることだから一々驚かないけど時々止めて欲しいとは思ったりもする。
図書館の受付に座る僕の目の前に光り輝く白い女性が現れる、最近よく来る“お客さん”だ
女性と称したのはお客さんだからであって正直なところ見た目は小さな子供に過ぎない
「別に僕は寂しがってなんていませんよ、ここに座って管理するのが僕の存在意義ですから」
「聞いて!聞いて!最近私のことを糞神だとか糞神とか糞神とか糞神とか言う人が一杯いるの!」
「同じこと言われたなら一回で良いですよ、とりあえず糞神って言われたんですね」
「うん!!」
白く輝く少女は大きく頷く
「だから“さようなら”したの!」
「はいはい、それは凄いですね」
何も書かれていない貸出票をペラペラ捲りながら適当に相槌を打っておく、まともに相手するのは面倒だ
「それでね、それでね、なんか最近みんな『えきょろじゅー』ってのにはまってるの」
最近覚えた言葉だな、まだ言葉がしっかりと形成されてないのがその証拠だ
「『エコロジー』ってやつですね、最近文献を読みました。いいんじゃないですか大海に砂糖を撒く行為、嫌いじゃないですよ」
「なんでなんで?欲望に忠実のほうがましだよ、個々の存在が幸福であるのが一番でしょ?自分の居ない未来のためになにかする必要があるの?」
「したいからやってるんでしょう?」
僕の言葉に少女は首を横に振る
「みんなが周りが言ってるからやってるだけ、本当は自己の欲求を満たすだけ『えきょろじゅー』したよ、って言いたいだけ」
「『エコロジー』ですって。けど別にいいじゃないですかやりたいようにやらせれば・・・なにをそこまで固執するんですか?」
「偽善だから、未来のために未来のために言ってるだけで本当は今の自分の保身でしかない」
少女は両手をブンブン振りながら続ける
「『えきょかー』ってなに?そんな車をつくるくらいなら車に乗らなければ良いのに」
「そりゃまぁ移動手段として便利ですからね車って奴は、乗らないってわけにはいかないでしょ」
「『みゃい箸』って一緒に食べる人に『僕はえきょろじゅーだよ』って誇示しているだけ、あんた一人分の割り箸がなくなったところでなんにも世界は変わらないってーの!」
「随分と狭いところを言いますね、でも小さいことからコツコツとが性分な方々ですからいいんじゃないですか」
「今更そんなんじゃ間に合わないっていうの!!!えきょとかそう言えばモテるとでも思ってるんじゃないの?地球のこと考えてる?地球のこと考えてる?募金の何パーセントが本当に寄付されていると思ってる?何パーセント?100パーセントじゃないの?本当に貧しい人は救われてるの?ねぇねぇ?」
「ああ、貴女がそこまで事細かに下の人間のことを考えているとは思いませんでしたよ、そもそも救われているかどうかは貴女が一番知ってることでしょうに」
僕は降参とばかりにオーバーに両手を上げて答える
「でも今更なんなんですか?今に始まったことではないでしょう、その愚行」
「んー私も『えきょろじゅー』しようと思ったから、ちゃんと『えきょろじゅー』してない人を消したら一番の『えきょろじゅー』だよね」
「まぁ確かに」
「『えきょろじゅー』やってる感を出してる人なんかも消したらいいよね、目障りだもんね」
「それは知りませんよ、別に僕は見てませんから」
「見てるとムカムカするよー、後でやっぱり消しとけばよかったーとか思うよ?」
「なんだったら全部“さようなら”しちゃえばいいじゃないですか、貴女なら造作もないことでしょ?」
その言葉にピクリと少女を動きを止める。そして今までとは打って変わった冷たい口調で呟いた
「───そうしたら貴方の仕事がなくなるでしょ?そうしたら貴方も消さなきゃいけなくなる」
「ああ───そりゃそうだな」
僕は納得して頷き、そして溜息混じりに天を仰いだ



はにゃぁ・・・・えきょろじゅーヽ(´ー`)ノ


「やたーうんこ小説できたよー\(^o^)/」にでてくる白幼女・・・・と呼んでる子をメインにしてみた

ねぇねぇ、前回の国枝も前々回のダメ人間もこんなさくっと殺されてるのどんな気持ち?ねぇねぇ?な感じです


今回のデトックステーマはもちろん「エコロジーって自己満足じゃね?」です

自分が死んだ後のことなんでどうでもよくない?今ちょっと我慢すれば未来の人がマグロを食べれるよ!

なんてのをテレビでやってのるのを見てそう思った

「生まれが悪いのも運のうち」

なんてのを言ってた偉い奴がいるがそれを踏まえればもし未来にマグロが食べれない人間ができたとしても

マグロが食えないときに生まれたのが悪いってことじゃねぇーか!!と





まぁ今一番のデトックステーマは「偉い子供が学校に行かないくらいで騒ぐな」なんですけどね(;´Д`)

もっと毅然とした態度を取ると思ってたよ「乱暴を働くなんて恥を知りなさい!」てな感じに

マンガの読みすぎですかね?そんなにマンガ読んでないけど・・・
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
無題
デトックスって事はそっちが吐き出した毒を読者が吸う事になるのかもな……。
今回は読んでてイライラしまくった。
あとがきも全く納得いかないっす……

俺の考えは、、、
・どんな偽善者も人殺しに説教される事は何も無い。
です。

あと天皇大好きなので、愛子さまイジメは許せないです。
桜井 2010/03/19(Fri)21:08:33 編集
すいません
おおう、相当な毒を吸ってしまったようで申し訳ない
子供の残虐性を冷静な視点で見てもらいたかったがやりすぎました。そんな真面目に見なくてよいのだけど致し方ない、しばらく更新自粛しますわ・・・

ああ、あと私は親の仇くらいに偽善者が嫌いなんです
偽善者に説教されるくらいなら人殺しに説教されるほうがましなんです
自分のやってることが悪だと思ってない者がこの世でもっともどす黒い悪ですよ、ましてやそれが善い事なんて言ってる日にゃ虫唾が走る
・・・そこら辺の感覚の違いだと思います、再度申し訳ない


天皇が好きってのもいまいちよくわからない非国民な夕雅ですが今後ともよろしくお願いします
ひおうゆうが 2010/03/19(Fri)22:09:59 編集
いやいやいや!こちらこそすみません!
更新自粛するな!
俺のコメントだって、毒を吐いたものだ!
人によって考え方が違うのは当たり前よ!

俺なんか「善悪」という価値観そのものが信じられない原始人です。
「好き嫌い」を他人に押し付ける言い訳が「善悪」なんじゃないか……と1人で勝手に思ってる。
だから「エンポリオとプッチはお互い嫌いだからケンカした」という単純な解釈が究極であり、
自分を悪と思ってようが思って無かろうが知らねーよと思っちゃう事もあります。
目茶苦茶です。

あと、俺の天皇観は俺1人だけの妄想です。
「1000年前からタイムスリップしてきた古代人」だと思ってたり。。。
今の日本人は無宗教が大多数なので、俺の方がキチガイだと思います。
桜井 2010/03/19(Fri)22:44:49 編集
ああ・・・
自粛ってはデトックスな小説のことね
吐いた毒でイライラさせてたら余計に毒が溜まるからですわ
そうゆうの面倒くさいし(;´Д`)
そのうち毒も裏返るでしょ・・・そして復活ッ!!!!

まぁ確かに京ちゃんも言ってた「正義とは勝者のこと、悪とは敗者のこと」って
花京院だけど、しかもその後オラオラだったけど
それよりもなんでエンポリオ&プッチ神父がでてきたのか、そっちのほうでちと悩んだわ・・・そうか知らないうちに台詞使ってたんだな私Σ(・ε・;)

まぁそんな原始的な考えでもいいかもしれないな

天皇はまぁ車の助手席で手を振って「天皇陛下ごっこ」やるくらいです
ごっこ遊びが大好きな夕雅です、無宗派です
ひおうゆうが 2010/03/19(Fri)23:19:54 編集
待て!
ちょっと待て!

俺は1つ目のコメントを書いた時点でイライラを完全解消したぞ!
というか、イライラを溜めたらダメだと思ったから、あんなコメントしたんだ!
だからもう平気。
いや、平気どころか、今は最高に爽快な気分だ!
デトックス小説も、もっと書け!
俺がそこに、デトックスコメントを書く!

あと、ごめん!聞きたくないと思うが聞いてくれ!
なぜ俺が「天皇は1000年前からタイムスリップしてきた古代人」と思ってるのか、その理由を。

要は「宮中に昔から変わってない古いしきたりが沢山あるから」です。
いわばそこだけ1000年前の日本と言っても過言ではないような別世界になってる。

で、愛子様をクラスメートがいじめたというニュースを見た時、
「これは1000年前から様子を見に来た古代日本人に、『現代日本人は野蛮です』と言ってるようなものじゃないか!」
……と1人で怒ってたのが僕という訳です。

ニュースを流した人もニュースを見てる他の多くの人も、誰もこんな風には考えなかったと思います。
不要な長文失礼しました。
桜井 2010/03/19(Fri)23:44:57 編集
私めんたる弱すぎ(^p^)
いやまぁOK、私にデトックスが必要なんだ・・・抜けねぇ
まだまだデトックスは必要だな



で、なんかしらんけど天皇について語りだしたよこの人(がびーん!

ぼかぁ、あのニュースを見たときには素直に
「なにしてんだよwいじめた奴抹殺されるぞ」
とか
「そこは毅然と『無礼者がッ!!恥をしれぃ!!』っていじめっこをオラオラでしょう」
その程度の発想しかでてこなかったよ、ないよ古代人って発想w

しかも「マスコミも暇だな・・・」って感じで全然怒ってなかったしな
ひおうゆうが 2010/03/20(Sat)00:04:58 編集
プロフィール
HN:
氷桜夕雅
性別:
非公開
職業:
昔は探偵やってました
趣味:
メイド考察
自己紹介:
ひおうゆうが と読むらしい

本名が妙に字画が悪いので字画の良い名前にしようとおもった結果がこのちょっと痛い名前だよ!!

名古屋市在住、どこにでもいるメイドスキー♪
ツクール更新メモ♪
http://xfs.jp/AStCz バージョン0.06
パスワードは[]
メイドさん
ブログパーツを無料で配布!スプレーアートに挑戦しよう
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[04/02 ひおうゆうが]
[04/01 ひおうゆうが]
[04/01 水曜日]
[04/01 水曜日]
[04/01 水曜日]
ブログ内検索
Copyright ©  べ、べつに好きで書いてるわけじゃないんだからね!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]